--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/07/20 (Fri) スノーホワイト

念願の女王の座に就いたものの、彼女にとって継娘スノーホワイトは己の支配と永遠の美しさを脅かす存在であった。この若き娘を抹殺するため、邪悪な女王は刺客として狩人を送り込む。しかし、スノーホワイトは女王の策略の裏をかき、狩人から闘いの戦術と生き抜く術を教わるのだった。(goo映画より)ルパート・サンダース監督

スポンサーサイト

未分類 | comment(0) |


2012/07/20 (Fri) 一枚のめぐり逢い

イラク派遣から無事帰還した米海兵隊三等軍曹ローガン。彼は、1枚の写真から、自分の命が救われたと思っていた。それは、見ず知らずの女性が微笑む写真だった。その女性の名前と住んでいる町を突き止めたローガンは、彼女、ベスに会いに行こうと町を訪れる。偶然にも、ベスが経営する犬舎で働く事になったローガンは、彼女が平穏な人生を歩んでいない事を知り、支えになろうとする。しかし、彼の好意をベスは不信に感じ…。(goo映画より)スコット・ヒックス監督

未分類 | comment(0) |


2012/07/20 (Fri) おかえり、はやぶさ

「小惑星イトカワのカケラを拾って地球に持ち帰る」という、成功すれば人類初の快挙となるミッションを帯び、2003年5月9日、探査機「はやぶさ」は打ち上げられた。エンジニア助手の大橋健人は、火星探査機「のぞみ」のプロジェクトマネージャーだった父への思いを胸に、壮大なプロジェクトチームの一員として奔走する毎日を送っていた。2005年11月。「はやぶさ」はイトカワの近くに到達するが、数々の困難が待ち構えていた…。(goo映画より)本木克英監督

未分類 | comment(0) |


2012/07/20 (Fri) はやぶさ 遥かなる帰還

2003年5月9日、鹿児島県肝付町にある内之浦宇宙空間観測所。この日小惑星探査機「はやぶさ」を搭載したロケットが発射された。緊張の面持ちで見守っていたプロジェクトマネージャーの山口駿一郎教授は、これからスタートする壮大なプロジェクトに決意を新たにしていた。宇宙の旅を続けた「はやぶさ」は2005年、ついに小惑星「イトカワ」へのタッチ・ダウンに成功するが、さまざまなトラブルに見舞われてしまう…。(goo映画より)瀧本智行監督

未分類 | comment(0) |


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。