--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/08/05 (Wed) アマルフィ女神の報酬

クリスマス目前のローマ。イタリアでのテロ予告をうけ、1人の男がイタリア・ローマに降り立った。その男の名は、外交官・黒田康作。黒田が赴任する日本大使館が、川越外務大臣のイタリア訪問の準備に追われる中、きらびやかにライトアップされた街で1人の日本人少女が失踪する。目的は単なる営利誘拐か、それとも少女の誘拐がテロの序章なのか。誘拐事件の通訳を担当することとなった黒田は、少女の母・紗江子の元にきた犯人からの電話を受けたことで、事件に巻き込まれていく。亡き夫との思い出の地・イタリアで、最愛の娘を誘拐され憔悴していく紗江子。しかし、警察の包囲網を巧みに撹乱し姿を見せない犯人グループ。一向に進展しない捜査に、悩み苦しむ紗江子。そんな紗江子の姿を目の当たりにし、黒田は紗江子の友人・藤井や、フリーライター佐伯の力をかり、大使館の安達とともに調査を開始する。やがて少女の誘拐事件は、イタリア全土を襲う大規模連鎖テロへと発展していく・・・。様々な想いが交錯する中、黒田は事件の鍵がイタリア南部の美しい港町・アマルフィにあることを突き止める―。



衝撃的な展開でした(^ω^)

キャストが豪華すぎます!

福山まさはるにきゅん死ですわ!


織田裕二すごかった!

この映画にあたって監督に

「目力抑えて」てゆあれたのね

それを知ってたからか

踊る大走査線の青島みたいな

鋭い目力は感じられなかった

本当俳優さんてすごいよね~

ゆうよね~


アマルフィまじで行きたい

あとイギリスね

バチカン行って世界遺産めぐりして

とりあえず写真撮りまくりたい!


外交官ってすごいなあて思った

映画だからかなあ

黒田さんのロウソクの話とか

普通に感動したわ


私的感想はまあ誘拐が起こるわけで

誘拐ってのは悪いことなんだけど

意味のある誘拐だったわけで

みんなの想いが交差してて、うん

黒田が紗江子さんに

「犯罪者の娘にしたいんですか!」

ってゆうシーンがあるんだけど

「死なれるよりマシよ!」って

母親の愛\(^O^)/

ここまじ感動した!


誘拐ネタの映画ってゆうたら

「フライトプラン」しかでてこないけど

フライトプランよりもはるかに

素敵な映画でした(*^ω^*)

結構人生に残っちゃう映画ですよ

スポンサーサイト

未分類 | comment(0) |


<<  魔法にかけられて | TOP | 僕らのミライヘ逆回転>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。